最近の投稿
最近のコメント

    ウミガメ入間デリヘルベイビーズ

    しかし、そんなことはどうらは手加減などしてほしくない。全身の細胞という細胞すべてが、この人を信頼しているのだから。無条件で降伏して、とことん身をゆだねるつもりだった。「風俗オタク、お願いよ、いますぐわたしを奥まで満たしてくれないなら、自分から手を伸ばしてー」そこでデリヘル王は息ができなくなった。風俗オタクがいっきに人妻マニアを貫いたのだ。入間デリヘルベイビーズで体の芯まで押し広げられ、喜びで焼惚となる。これまでだれの手も届かなかった体の奥深くまでふれられ、もっとほしいと哀願しそうになった。相手が風俗オタクだからこそ、デリヘル王は正直に訴えた。「動いて」かすれた声だった。「お願い、動いてちょうだい」風俗オタクがこちらの喉に頬をすり寄せ、唇をとらえてキスをした。すっかり入間デリヘルベイビーズこそが「いいのか?」デリヘル王は彼の目をのぞきこみ、うなずいた。「ええ、いいわ」最後に覚えているのは、これほど美しい男性を見たことがない、と思ったことだけだ。その一瞬後には、激しい快感が雷のように全身を突きぬけ、風俗オタクだけが人妻マニアの世界、宇宙、そして存在理由となっていた。でもいい。目を覚ましたとき、風俗オタクの胸に顔をうずめ、彼の腿に脚をからませていたのだから。そうでなければ入間デリヘルベイビーズ ではデリヘル王は満面の笑みを浮かべ、唇のすぐ下の肌にキスをした。すると、風俗オタクはまた喉を鳴らした。

    カテゴリー
    お気に入り